「ECサイト広告はほどほどに…」についてGoogleはどう扱うの?


広告バナーの多いサイト例

以前「ネットショップ・ECサイト広告はほどほどに・・・」という日記を書きました。

内容としてはサイト内のセール品などの広告リンク(バナー画像)が沢山ありすぎて、商品が見づらい!
ということで、例えば左キャプチャ画像のようなショップ。

青い「本文ここから」という部分から商品の写真・説明文が始まる事画面2スクロール分ほど・・・。
それまではショップロゴ・メニュー、そしてセール告知のバナー画像がずらずら~~~っと続く。

販売側のエゴをそんなに押し付けられてもなぁ・・・「見た目上、長々と広告バナーを並べられると興ざめするんだよな」という内容のブログでした。

いちユーザーの視点として「やめてくれ!」と思うわけですが、Google等のサーチエンジンにはどう扱われるのか気になっていました。

サイト上部の広告バナーはペナルティ対象

サイト上部に過度な広告バナーが続く場合はペナルティになり得る、らしい。
参考サイト:Googleのページレイアウト/パンダアップデートでトラフィックが激減したリアルな実例

これは自分サイトの広告バナーではなく、外部サイトの広告「アフィリエイト」の場合だそうです。
アフィリエイトの場合はそうだとして・・・アフィリエイト以外の自サイトの内部リンクである「広告バナー」はペナルティ対象になるのでしょうか?

「1ページに内部リンクを沢山入れ込むのはまずいらしい・・」とかも聞いたことあるけど、実際どうなんだろうなぁ。
今に所実例は聞いたことは無いのですが・・。

Googleが目指す完璧な検索エンジンとは

ペナルティを受けないようにするには、Googleが目指している検索エンジンのあり方を知る事が近道だろうということで調べてみると・・。

Googleが目指す完璧な検索エンジンとは、「ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジン」であり、何が最適な結果かは検索するユーザーのシチュエーションによって異なる。

引用:“検索エンジン”ではなく“ユーザー”のための最適化を。中の人が明かすホントのSEO

近年どんどんサーチエンジンの性能が上がっていて「人の目から見て有益なサイトを評価する」ようになってきているそうです。

という事は・・・・自サイトの内部リンクといえどもページ上部に無駄に広告バナーを載せる事はペナルティになり得るのでは?

今はならなくてもそのうち・・・・。

 

ちなみに広告バナーは上部に置くのが最も効果があるらしいのでアフィリエイターにとっては悩ましいところでしょうねw

近頃は自分の営業もネット上で行なっている事もあり、いわゆるSEOの話題を見かける事が増えました。

調べものをしていると「アフィリエイトで高収入」とか「ネットで副業」とかが未だに良く出てきます。
しかも近頃はTwitterでもそちらの人達からいきなりフォローを受ける事も多くなってきて「なんだかそちらの仲間入りをしてしまったのではないか・・・」とちょっとウンザリしていますw

アフィリエイトに副業・・・皆美味しい話が好きですよねw


カテゴリー: EC・ネットショップ, サイトデザイン, サイト運営   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

アクセスがあるのに売れない・・それは商品写真が悪いのかもしれません。商品の良さがきちんと「伝わる」写真、撮影します! EC・ネットショップ向け商品撮影プラン 料金が安い3つの理由 多種多様な撮影方法 切り抜きでより魅力的に 初回基本料無料!

EC・ネットショップ向け モデル料金込みの「お手軽モデル撮影プラン!」
EC・ネットショップ向け モデル料金込みでわかりやすくお手軽に!「モデル撮影プラン」はじめました

自社スタッフで撮影されている方も是非一度ご相談ください! 低価格で高クオリティの商品写真をご提供します。

商品撮影のお問い合わせ・ご質問はこちら!

商品撮影・商用写真のお問い合わせやご質問、お気軽にどうぞ!

コメントは受け付けていません。