新カメラアプリ入手「Blux Camera」は素晴らしく高機能!


BluxCameraアイコン

以前「プロカメラマンが使うiPhoneカメラアプリは何がいい?」 でプロカメラとcamera+をご紹介しました。

正直「この2つがあればもうカメラはいらないかなー」と思っていたのですが、新たな高機能カメラアプリを見つけたのでご紹介します。
機能だけでいったら今一番高機能なカメラアプリなのではないでしょうか。

というわけで今回ご紹介するアプリは「Blux Camera」、有料ですがその価値有り!

基本操作

基本操作画面

メニューを開く事をせず出来る操作、基本操作です。
以前プロカメラやcamera+を紹介しましたが、BluxCameraでも同程度の事ができますね。

露出・ピント合わせは「camera+」と同じような感じ

タップした所に露出・ピントが合う。
二本指でタップすると露出とピントが別々に合わせることができます。

Temp 色温度調整

デジタルカメラには色温度っていう概念があります、詳しくはWikipediaなんかで調べてもらうとして・・・。
簡単に言うと「青くするか・赤くするか・標準的な色にするか」を調整します。

具体的に言うと、料理写真とかだったらちょっと赤みがあるほうが美味しそうだったりするので赤くする、と。

Zoom ズームを調整

俺は基本使わないけど、直感的にズームすることができます。

アートフィルターとシチュエーションの調整

右下にあるボタンで設定ができます。
押す度に次のフィルター・シチュエーションに設定される。

中央上部のボタン

上部メニュー

①ストロボ使用
②通常カメラとインサイドカメラを選ぶ
③ボカシ効果、丸状と棒状を選べる

ボカシ効果だが、始点は選べる(ただしピントの部分が設定される)が範囲が指定できない。
丁度いいサイズとはいえ範囲は選びたい・・・。

ボカシ効果なんかはインストグラムとかでかけたほうが思い通りにいきそうですね。

シャッターボタン長押し

シャッターメニュー

①通常撮影
②連射撮影 (3・4・5枚を選ぶ事ができる)
③画面タップ撮影 (露出・ピント調整後にシャッターが切れる)
④手ぶれ検知撮影 (手振れが収まった時に撮影してくれる)
⑤タイマー撮影 (2・5・10秒を選ぶ事ができる)
⑥音声検知撮影 (ボタンを押した後に少し大きめの音を出すとシャッターが切れる)

シャッターボタンを長押しすることでメニューが現れます。

シャッター方法が6種類選べる、これはなかなか無いんじゃないでしょうか?
手振れ検知撮影とかは、結構便利ですよ。

スワイプで色んなメニューが出てくるのが秀逸

上下左右で別々のメニューがスワイプで出てきます。
ボタンを用意するよりもスワイプでメニューを出すほうが画面が大きく使えていいですね、これはかなりイイ!

上スワイプ

設定メニュー

設定メニューが現れます
あまり使わないと思うので詳しくは触れません。

ただWidgetBoxは表示する設定にすると良いかもしれません。
ヒストグラムやグリッドの表示を選ぶ事ができます。

下スワイプ

写真閲覧モード

写真の閲覧モードになります。
一枚一枚で見るタイプです、小さいサムネイルサイズの一覧表示が出来ないのが不便であまり使うこともないでしょう。

SNSの共有は紙飛行機のようなアイコンを押すことでできます。

  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Flickr
  • Picasa
  • とメールも可能

左スワイプ

明るさ等の調整

①Sharpness シャープ
②Brightness 明るさ
③Contrast コントラスト
③Saturation 彩度

この4種類を設定できます。
ただ、ちょっと微妙。

明るくしただけではコントラストが低く、全体的に白くなるだけなので合わせてコントラストも高くする必要があります。
直感的で使いやすく、個人的にはあるといいなと思っていた機能ではあったのですが、ちょっと下手くそな感じ・・・。

ここはバージョンアップで改善されるかもしれませんねー。

右スワイプ

アートフィルタ・シチュエーションの設定

①京都・ロンドン・ソウル等の街名がついた「アートフィルター設定」
②ポートレートや夜景、マクロ撮影等のデジタルカメラによくあるような「シチュエーション設定」

この2種類が同時に選択することができます。
基本操作でも選択できますが、こちらの方がより直感的に選ぶ事ができます。

ちょっと難あり・・な所

  • 日本語には対応していないので、英語に拒否反応がある人には向かないかも?
    まぁ、別に読めなくても使えるますw
  • 露出・ピント・WBのロックが一括になってしまう
    別々にロックする事もできそうなボタンがあるけど・・・なんかできていないみたい 。
    とりあえず画面長押しでロックする事は可能。
  • 横位置撮影にしか対応していない
    縦で撮影しようとしても、インターフェースが横のままなのでやりづらい・・・。
  • なんか重い
    スペック的にiPhone4には重荷なのかちょっと重いです。
  • 画面の切り替わりとかがスムーズにはいかない・・・iPhone5で使うとどうなのかな?
  • 閲覧モードが使いづらい
    閲覧は純正アプリかその他の専用アプリを使ったほうが無難。

「もうちょっとだなー」と感じる所も少なからずあるのは確かですが、かなり高機能なカメラアプリです。

今後のバージョンアップに期待、ですね!

 


カテゴリー: iPhone   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

新カメラアプリ入手「Blux Camera」は素晴らしく高機能! への1件のコメント

  1. ピンバック: またまた発見!プロカメラマン的お勧めiPhoneカメラアプリ「KitCam」 | ECカメラマン鈴木遥介「capricious.info」