iPhone4そろそろ買い換え?「iPhone4をサクサクに戻す」


iPhoneそろそろ買い替え?「iPhone4をサクサクに戻す!」

この写真のiPhone、私物でございます。
iPhone5でもなくiPhone4Sでもなく、iPhone4で既に2世代前のものとなってしまいました。

保護シールを張っているので本体に傷はないはずですが、保護シールの傷が酷い有様・・。
廉価版iPhoneの噂とかも飛び交っているし、やっぱり動作が重いし、シール買い換えるくらいなら次の機種が出たら買い替えかなぁと思っていたわけです。

以前のブログで「ホームボタンの効きが悪い時には」みたいな内容を書きました。
あの方法なら一時的には使えるようになるけど、そのうちまた調子が悪くなるわけです。
過去エントリ:iPhoneのホームボタン不調。これで改善しないなら修理!

ああ、こりゃあもう寿命かな?なんて思っていたわけです。

iPhoneの動きをサクサクにする方法

なんだかんだと色々やってみて。
結果これが一番だな、と思ったのは「ストレージ(ディスク)の空き容量をできるだけ増やす」でした。

どんな端末でも写真や音楽等のデータを入れておける限界があります、その限界までなら大丈夫だと思いがちなわけですが、限界まで入れておくのはよろしくないのですね。

実は空き容量が3%くらいだったんです、そりゃあ調子悪いよねぇ・・と。
だってiOSのバージョンアップが容量不足で出来ないくらいでしたからねw

ちょっと放っておきすぎでした。
たまにはメンテナンスしましょう・・・。

ちなみに10%ほど空き容量はあったほうが良いようです。

具体的にどうやって空き容量を増やすのか

さて、具体的にどうやって空き容量を増やすのか、ですが。
まずはどうやったら減るんだろうってことですよね。

アプリも沢山いれましたよね?
友達との思い出作りで写真も撮ったでしょう。
音楽も沢山増えましたか?

皆当たり前にやることで、むしろスマホの醍醐味といえるでしょう。
でもこれらをすることでどんどんと空き容量が減っていくんです。

新たに入れるなとは言いません。
ただ必ずしも全て必要はわけではないですよね。

というわけでいらないものをどんどん消しましょう。
俺は写真全部消してみました、買った当初からずっと残っていたのでそこそこの容量になっていたんですよねぇ。

近頃の端末は画素数も結構増えてきているのでどんどん容量食うんですよね・・。

その結果、空き容量がかなり増えました。
3%だった空き容量は今現在13%になり、買った当初に戻ったのでは?と思うほどサクサク動きます。

同時に過去エントリで紹介したタスク管理をやっておけばかなり快適ですよ。

あまりにもサクサクになってしまったので、とりあえず次は買い替えなくてもいいかなーと心変わりした俺ですが。
買い換えるタイミングってどこでしょうね。

普通に欲しくて買い換えるとか、仕事上レビューしたいから買い換えるとか人それぞれですが。
こうなってしまったらそれはもう買い替えでしょう、と思うのはやはりバッテリーですね。

バッテリーは何度も使っていると劣化します。これは避けられない。
完全に放電してうんぬん、を試せば少し元気になるとは思いますが永遠ではありませんね。

バッテリーを交換する事も可能でしょうが、それするくらいなら買い換えたら?と思うわけです。
交換は無償ではないし、新しい端末はハード的に使い勝手が格段に上なので買い換えたほうが得だと思います。

スマホはOS自体を新しいものにしていけるので、OSの新機能がスペック的に使えなくなってしまったら買い換えるのも検討でしょうかねぇ。
まぁ、俺の端末は既にSiriが使えないんですけどね!

というわけで、巷はお盆休みでアクセスも少ないのでゆるゆる更新でございました~w


カテゴリー: iPhone   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。