売れる商品写真は”こう撮るな!”洋服の平置き撮影編


失敗写真例

以前

「売れる商品写真を撮るために」
「自分で撮影をする時に知っておきたい4つの注意点」
という記事を書きましたが、今回は実践してみることにします。

題して「売れる商品写真は “こう撮るな!”」です。 こういう事してたらダメですよ!

① 左の写真では「4つの注意点」の1と3において間違えをおかしています

  • 部屋の蛍光灯を背にして撮影している為に「商品に自分の影が落ちている」
  • カメラの設定をオートで撮影している為に「暗い・色がおかしい」

 ② 真ん中の写真では注意点の3について考えなおし

  • カメラの明るさ設定を+1にした → 明るく撮影した
  • カメラのホワイトバランス(WB)設定をプリセットにした → 環境光の色に合わせて撮影

 ③ 右の写真では注意点の1について考え

  • 自分の影が商品に落ちないカメラ位置で撮影をした

 


言わずもがな①は最も最悪です、③に向かって色々と段階的に改善していくように撮影しました。

ただ③も商品の形が歪んでしまうのが難点なので、注意点1の通り「光の当たる方向」を意識して歪まない位置で撮影をしないといけない。

注意点を踏まえてきちんと撮影した例

「4つの注意点」をきちんと考えて撮影したのがこちらの写真です、いかがでしょうか。
一般的なコンパクトデジタルカメラでこの程度なら出来るのでやってみることをお勧めします。

解説は明日!

後編:「売れる商品写真は”こう撮れ!”服の平置き撮影編」


カテゴリー: EC・ネットショップ, 撮影   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

アクセスがあるのに売れない・・それは商品写真が悪いのかもしれません。商品の良さがきちんと「伝わる」写真、撮影します! EC・ネットショップ向け商品撮影プラン 料金が安い3つの理由 多種多様な撮影方法 切り抜きでより魅力的に 初回基本料無料!

EC・ネットショップ向け モデル料金込みの「お手軽モデル撮影プラン!」
EC・ネットショップ向け モデル料金込みでわかりやすくお手軽に!「モデル撮影プラン」はじめました

自社スタッフで撮影されている方も是非一度ご相談ください! 低価格で高クオリティの商品写真をご提供します。

商品撮影のお問い合わせ・ご質問はこちら!

商品撮影・商用写真のお問い合わせやご質問、お気軽にどうぞ!

売れる商品写真は”こう撮るな!”洋服の平置き撮影編 への1件のコメント

  1. ピンバック: 売れる商品写真は"こう撮れ!"服の平置き撮影編 | 駆け出しカメラマン鈴木遥介「capricious.info」