商品撮影の手順と使っているソフトウェアを紹介しました


今回は商品撮影に使うソフトウェアを紹介しました
効率的な撮影をするために使っているソフトウェアとその使い方を具体的に話したので、気になる方は是非観てみてください

YouTubeのライブ配信で「CaptureOne使ってない人はプロとして軽蔑する」と言っていた人がいまして、そこまで言うんだったらまた使ってみようかな?と思って久しぶりに使ってみたらやっぱり馴染めなかったんですよね

というよりも今使っているソフトが便利で撮影もスムーズなんです
使いやすいソフトは人それぞれだとは思うのですが、改めて使っているソフト便利だったので「是非紹介したい!」と思って動画を作りました

編集後記

今回の撮影風景です
ストロボのモデリングランプは背景として使っていて、私にあたっているライトはYN600Lを2灯使っています

左にあるのがメインライトでアートレでディヒューズしています、右にあるのは輪郭をうっすら照らしているライトです

今回の音声はZENNHEISERのXSWにラベリアマイクを付けて時々変な音がはいっていてごまかすのが面倒でした・・
なんかマイクのジャックをいじってるときに入る「ジジジッ」みたいな音が入ってしまったんですよねぇ

別に動いているわけでもないし端子がネジで止められるタイプなので、なんでこの音が入ったのかよくわからないんですよね、ラベリアマイクが断線してるのだろうか・・・?


カテゴリー: EC・ネットショップ, 撮影   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

アクセスがあるのに売れない・・それは商品写真が悪いのかもしれません。商品の良さがきちんと「伝わる」写真、撮影します! EC・ネットショップ向け商品撮影プラン 料金が安い3つの理由 多種多様な撮影方法 切り抜きでより魅力的に 初回基本料無料!

EC・ネットショップ向け モデル料金込みの「お手軽モデル撮影プラン!」
EC・ネットショップ向け モデル料金込みでわかりやすくお手軽に!「モデル撮影プラン」はじめました

自社スタッフで撮影されている方も是非一度ご相談ください! 低価格で高クオリティの商品写真をご提供します。

商品撮影のお問い合わせ・ご質問はこちら!

商品撮影・商用写真のお問い合わせやご質問、お気軽にどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。