AdobeCCに廉価プラン発表「ついでにCCの気に入らないところも書いておこう」


AdobeCCに廉価プランが! なんだそりゃ~~~!?

もう1週間以上前のニュースですが、これを見て絶句しました。
デジカメWatch:「Photoshop CC」「Lightroom 5」が月額1,000円で使える新プラン

オフィシャルブログはこちら「PhotoshopとLightroomユーザー向けに月額1,000円の新たな提供方法を発表

なにそれー!?
今月額2,200円払っているのに、Lightroomもついて1,000円で契約できるの?
既に2ヶ月ほど使った俺は4,400円の払い損じゃあないですか。
こりゃあ「しばらく様子見」の人達が正解ですねw

契約しなおすの面倒だなー・・・でも半額以下だしやらないと馬鹿だな・・。
既に単体サブスクリプション(PSのみ月契約)を利用している人に何かしら通知があると嬉しいんだけど、さすがにAdobeが損する通知はしないかな?

にしても「2,200円じゃ高い!」という声があまりに大きかったのでしょうか。
そりゃあ1,000円にしてくれればとてもお得なので言うこと無いんですけどねー。

いやはや、ちょっとため息が出るニュースでした。

AdobeCC および PhotoshopCCの嫌なところ

さて、ニュースの感想をグチグチ言うだけではつまらないので、CCの気に入らないところ・ストレスが溜まるところを書きなぐっておこうと思います!

まだ使い始めていない方は知った上で使い始めてください、そうすれは少しはイライラも少しはマシになるかも・・?w

AdobeCreativeCloudの挙動がとても不審

AdobeCC ログイン画面

いつの間にかログアウトされていて、忙しい時に限ってログインを求められる事が何度か・・。
今キャプチャを撮ろうとして起動してみたらやはりサインインを求められた、これはひどく使いづらいと思う。

CreativeCloudは普通に使っていればタスクに常駐しているわけですが、何故かこのソフトのアップデートもしなくてはならない。
どんな内容だったかは正直覚えていないので必要なものなのかは正直判断できない。

なぜ覚えていないかというと作業中にいきなりアップデートを求められてイライラしていてきちんと確認していないからですねw
「アップデートしてください」「内容に同意してください」とかやってるとイライラしてくるんですよ、仕事中だと特に。

CCの提供を開始して程なく契約をしましたが、既に2・3回アップデートを行っていると思います。
地味にストレスが溜まります。

色調補正レイヤーの作成が・・

色調補正パレットが分割されてしまった・・

トーンカーブや色相・サイドのレイヤーを1クリックで作成できる「色調補正パレット」(左です)ですが。
同パレット内で内容の調整する事が出来なくなりました、調整は新たに作られた「属性パレット」(右です)で行うことになり、慣れないと使いづらい。

そのうえ属性パレットが全て全表示出来ていないのが最悪です。
パレットの大きさを調節してからでないと作業が出来ないのは、かなりのストレスになる。

逆に「属性パレット」内でマスクの調整ができるのは「使う人にとっては」良いです。
この機能を付けたから色調補正と属性にパレットが別れたんでしょうねぇ。

レイヤースタイルの順番が変わったのが馴染めない

レイヤースタイルの配置が変わった

CS6を使っていないのでわからないが、レイヤースタイルの順番が変わったようです。
こう並べてみるとやけにグチャグチャになったな・・・という印象w

これ結構地味に使いづらいのです。
といっても写真の編集のみならあまり使わないから、気にならないかもしれませんけど。

ウェブの制作やブログ用の画像をPhotoshopで作っていた人にとっては結構使いづらくなったのではないでしょうか。

画像解像度、画像縮小時に気をつけたいところ

画像縮小時に気をつけたいところ

 

これは気に入らないところではないのですが、初めて使った時に「これは気が付かなかったら危ないな・・」と思ったところをご紹介します。

画像の縮小するときに使う「画像解像度」、プレビューも表示されるようになって見た目からして変わったのですが、再サンプルを見ずに使うのはかなり危険です。

 

最初に設定されていたのが「自動」だったのですが、初めて画像を縮小したときに感じたのが「すっげーシャープ強いな!?」でした。
自動にすると被写体にごとに選ばれる再サンプル法が違うようで、かなり強くシャープがかかるように感じました。

ものによっては良いかもしれませんが、シャープのかかりすぎは見た目とても汚くなるので気をつけたいところです・・・。
個人的には画像縮小時は「滑らか」で、その後改めてアンシャープを付け加えるという方法をとっています。

今のところ

今のところ気になるところはこんなところです。
使用頻度については毎日ですが、全ての機能を使っているわけではないのであまり参考にならないかもしれません。

便利な機能もどんどん加わっていっているようなので期待はしているんですけど、イライラもしているんですよねw

9月に入ってから秋冬物を沢山撮影させていただいていまして、なかなか忙しくさせていただいてます。
印刷物だと既に年末の撮影をしていてもおかしくない頃だと思うので、ウェブは1ヶ月後の為に撮影をするくらいのスピード感でとてもやりやすいです。

夏にコートの撮影するのはどうしても気分が上がらないので・・w
野外ロケで季節感の全く違う撮影をする時なんかは、モデルさんが大変ですよねー。

製作期間の短縮は小回りのきく運営を可能にすると思うので、いろいろな人にメリットがあるんじゃないかなぁ。

 

Banboo無くなるらしいですね、Intuosにブランド名統合だとそうな・・。


カテゴリー: PC, 機材   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。